硬い感じはない

SUPERfeetの裏はプラスチックもしくはカーボン素材でできています。

一般的なインソールは柔らかい素材(クッション機能を重視)でできています。

プラスチックなので、履く前に裏面を見た方は『なんか痛そう』、『硬そう』と必ず言います。(僕も最初は思いました。)

しかし、履いてみると
『えっ!硬くない』となります。

不思議な感覚です。

これにはちゃんと理由があります。

人間の踵には天然のショック緩衝素材の脂肪層が存在します。

かかと周りの構造が歪んでいる状態だと、
この天然のショック緩衝素材の脂肪層はかかとを守るようには働いてくれません。

SUPERfeetの深いヒールカップとヒールスタビライザーがかかと周りの構造を正しい位置に導き、脂肪層の形を維持し、自然の緩衝材としての能力を発揮してくれます。

頭を守るのに防災頭巾よりもヘルメットの方がショックは吸収してくれますよね。

まとめると、
SUPERfeetのプラスチック・カーボン素材は、①天然のショック緩衝材である脂肪層を働きやすい状態にしてくれる。

本当かよーと思う方、体験用が用意してありますのでぜひ体感して見てください。

明日は、SUPERfeetはアーチをサポートしないをお送りします。

-インソール工房- ashiino

健康な足は、健康な体をつくる "-インソール工房-ashiino"ホームページ

0コメント

  • 1000 / 1000