靴の選び方

久しぶりの暖かい朝です。

おはようございます。
南アルプス市で足元から健康づくりをサポートしています-インソール工房-ashiinoです。

今日は靴の選び方のお話です。

1.自分の足に合ったサイズの靴を選ぶ。
一番大切なことです。
靴に足を合わせないでください。

足の長さだけでなく、
足の幅や、
足の周囲の長さを計り、
自分の足のサイズに合った靴を選んでください。
(見た目の問題で靴下着用で計測してます)

当店では、
足に体重をかけない状態でも足の長さを測定しています。

2.靴の命であるかかとの硬い靴を選ぶ。
人はかかとの骨の上に体が乗っています。かかとをしっかり支えることで体が安定し、姿勢と歩き方にも変化が現れます。

ということは、靴のかかとを踏んでしまってはいけないということです。
体を壊してしまいます。

3.靴の曲がる位置が自分の足に合っているか。
靴を曲げた時につま先立ちするところで曲がるかをチェックします。
土踏まずの部分やかかとの部分で曲がる場合は靴がグニャグニャで足はグラグラし疲れやすかったり、怪我をしやすかったりします。

4.靴のねじれをチェック
一人で撮影したためうまく撮れませんが、雑巾のようにねじれないかをチェックします。
捻れすぎる靴は足を痛める原因となります。

以上が靴の選び方です。

間違った靴を履き続けることで、
・外反母趾、内反小趾、ハンマートゥ、陥入爪
・靴ずれ、タコ、魚の目
・踵の痛み、足裏の痛み、シンスプリント、ランナーズニー
・ひざ痛、腰痛、疲労、倦怠感、頭痛、肩こり…などなどを引き起こす原因となります。

ここにあげた以外の靴がダメだということではありません。
ただ、足の健康、体の健康を考えた時必要最低限に抑えた方が良いおもいます。

-インソール工房- ashiino

健康な足は、健康な体をつくる "-インソール工房-ashiino"ホームページ

0コメント

  • 1000 / 1000