はじめての方へ

【店長プロフィール】

飯野 健一

1985年1月18日生まれ

小学校から高校まで野球を続けた野球バカです。あとは長距離を走ることが好きでした。

今でも毎年地元の桃源郷マラソンに出場しています。

高校時代の肩と肘のケガをきっかけに柔道整復師の道を志しました。

山梨県立巨摩高等学校を卒業し東京の柔道整復師の専門学校へ

2007年3月柔道整復師免許を取得し5年間接骨院で修業したのち

2013年に生まれ育った南アルプス市で『いいの接骨院を』開院。

東京の修業時代にアキレス腱断裂の歩行療法に出会い、南アルプス市開業後もアキレス健を断裂した方に積極的に歩行療法を取り入れています。

開業してから2017年現在までに10名の方が歩行療法で施術を行いました。(2名現在加療中)

2014年より、今までの施術では根本的な解決になってないと感じ、コアコンディショニングを学び施術に取り入る。

2016年9月、さらに足部の乱れがより体に影響しているのではないかと感じ、インソールに興味を持つようになる。

2018年2月、いいの接骨院に併設する形で皆様の健康を足からサポートできるように

「-インソール工房-ashiino」を立ち上げる。


【日本コアコンディショニング協会認定】

・ベーシックインストラクター

・アスリートスペシャリスト

・シニアスペシャリスト

・コアキッズ体操普及員


【-インソール工房-ashiinoの紹介

10年間、接骨院で皆様の健康づくりのお手伝いをしてきました。

その10年間で感じたことは「足が変わらなければ体はかわらない」ということでした。

海外では足病医学という学問が存在し、足から皆様の健康をサポートしています。

残念ながら日本では、最近でこそ足からの健康について取り上げられるようにはなってきましたが、

まだまだ認知は低いです。足については世界から10年の遅れをとっていると言われています。

私は、人が健康を保つために必要な事は

「正しい食べ物を食べること」

「自分の足で歩くこと」だと思っています。

2025年には国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という『超高齢社会』を迎えます。

医療費がひっ迫している現代において自分の体は自分で守る時代が必ずやってきます。

そのために私は、皆さまにいつまでも自分の足で歩き健康を保つことが出来るように、

10年間で様々な足の施術を行ってきた経験から、

皆様の足の状態を調べ、

わかりやすく説明し、

お悩みの原因を解明し、最善の解決方法を提案させていただきます。


【-インソール工房-ashiinoの理念】

『足が変われば未来は変わる』


【まずはご相談ください】

・長年足の痛みで悩まれている方

・スポーツのパフォーマンスを向上させたい方

・いつまでも健康で自分の足で歩いていきたい方

・立ち仕事で仕事が終わると足が疲れている方

・一日中歩きまわるお仕事の方

・スポーツ障害を予防したい方

・健康のためにウォーキング、ランニングをしている方

・農家の方、重いものを持ち運ぶ方

・小さいお子様


全ての方の健康で明るい未来のために全力でサポートしていきます。